• 先生の“心理作戦”勝ち、岩のごとく動かない人の心を動かして頂きました。

    ご面談予約03-6806-1920(北千住駅より徒歩2分)

    ※面談予約とお伝え下さい。

    依頼者様の声が物語る!

各調停の申立てには、相手方の同意は必要ですか?

Q10.各調停の申立てには、相手方の同意は必要ですか?

A

相手方の同意は必要ありません。一方的に申立てが可能です。ただ、状況によっては、申し立てられた側としては、たとえ調停が話し合いの場だとしても、喧嘩を売られた感じがするのは否めません。ですので、なるべくならば、申立て後にでも、「冷静に話し合いたいから・・」など、一報は入れておかれた方がよいと思います。喧嘩腰で調停にし、結果、相手方が出席してこなければ、なかなか状況は難しくなりますしね。

とはいえ、他のQ(クエスチョン)でも説明しておりますが、調停には、“婚姻費用の分担請求の調停”のように、調停の不成立後に審判という制度を持つものもあります。こうしたものに関しては、確かに調停自体は話し合いの場だとしても、審判自体は第三者が決めてしまうわけですから、とても話し合いと呼べるものではありません。ある意味では強行な手段とも言えます。また、お金の支払いが絡むものですので、事前に伝えても、伝えずとも、対立という形にはなってしまうかと思います。ですので、できるだけ争いのような気持ちにならない形での申し立て(タイミングや持ってゆき方)を考えてゆく必要があると思います。

初回無料メール相談 ご相談者に合わせたよりよい回答を目指しています
ご面談のご予約などはこちらへ
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~

関連ページ

Copyright © 松浦総合法務オフィス . All rights reserved 許可なく無断での転載等を禁じます。
CLOSE
  • 法律専門家らしからぬ温かみを目指して「メール相談は24時間受け付けております。一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。松浦総合法務オフィス」

  • お気軽にご相談ください
  • ご面談のご予約03-6806-1920北千住駅より徒歩2分(松浦総合法務オフィス)
  • 無料メール相談 道標になれればとの願いから
スライドメニュー
PAGE TOPへ