• 先生の“心理作戦”勝ち、岩のごとく動かない人の心を動かして頂きました。

    ご面談予約03-6806-1920(北千住駅より徒歩2分)

    ※面談予約とお伝え下さい。

    依頼者様の声が物語る!

浮気(不倫)相手に慰謝料を請求する場合も調停は利用できるの?

Q7.夫(妻)の浮気相手に慰謝料を請求する場合も調停?

A

調停(家庭裁判所ではなく、地方裁判所)を利用することも可能です。ただ、通常いきなり申立てるよりも、まずは内容証明などで慰謝料を請求するか、話し合いを要求するなどがスタンダードかと思います。弁護士さんも、浮気相手を相手に調停を利用することは殆どないと思います。ただ、どうしても浮気、不貞の相手と話がしたい場合や、証拠があるのに、相手が応じない場合には、調停を利用することも一つの方法かもしれません。相手も、できれば訴訟は避けたいわけですから、証拠が揃っていれば、調停でも折り合ってくる可能性はあります。ただし、一般的には不倫相手への慰謝料請求の“法的手段”というのは訴訟となります。ですので、あまりこうしたケースで調停を利用するということは少ないかもしれません。
どうしても弁護士さんへの費用を払うことができない場合や、ひとまずやれるところまでは自分でやってみたいという場合にはよいかもしれませんね。

初回無料メール相談 ご相談者に合わせたよりよい回答を目指しています
ご面談のご予約などはこちらへ
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~

関連ページ

Copyright © 行政書士松浦総合法務オフィス . All rights reserved 許可なく無断での転載等を禁じます。
CLOSE
  • 法律専門家らしからぬ温かみを目指して「メール相談は24時間受け付けております。一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。松浦総合法務オフィス」

  • お気軽にご相談ください
  • ご面談のご予約03-6806-1920北千住駅より徒歩2分(松浦総合法務オフィス)
  • 無料メール相談 道標になれればとの願いから
スライドメニュー
PAGE TOPへ