• 先生の“心理作戦”勝ち、岩のごとく動かない人の心を動かして頂きました。

    ご面談予約03-6806-1920(北千住駅より徒歩2分)

    ※面談予約とお伝え下さい。

    依頼者様の声が物語る!

離婚調停を申立てるには弁護士さんは必要ですか?

Q4.離婚調停を申立てるには弁護士さんは必要ですか?

A

離婚調停で弁護士さんを代理人に立てられる方は、20%程と言われております。つまり、5人に1人位しか立てないという統計があります。調停というのは、基本は話し合いの場ですし、その場で法的なジャッジが下されるわけでもなく、またどちらに責任があるかどうかを判断されるわけでもありません。また、申し立ても難しくはありませんから、ご自分でも可能ではあります。けれど、相手方が脅迫的であったり、話し合いの難易度や調停の進み具合、また、緊張に弱い方などは弁護士さんにご相談してみてください。

ただ、当職の持論ですが、調停の成立率は48%と低く、不成立になる可能性も十分にあるわけです。ですので、話し合いもままならない状態でいきなり弁護士さんを立てて調停にされれば、相手方も感情的になり、話がより進まなくなる可能性もあります。また、訴訟にしなければならないケースもありますので、その場合には調停から代理人を立てるよりも、不成立後に弁護士さんに代理に立っていただいた方が費用対効果という点では良い場合もあります。ですので、事案によるということと、そのタイミングについては考える必要はありますね。

なお、当事務所では、当職が信頼を置いている弁護士さんをご紹介することは可能ですが、クライアントの方のみに限定をさせていただいております。

初回無料メール相談 ご相談者に合わせたよりよい回答を目指しています
ご面談のご予約などはこちらへ
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~
定額パック【9万4千円】が  →【7万9千円〜!】~できる限り負担を減らして差し上げられればとの願いから~

関連ページ

Copyright © 松浦総合法務オフィス . All rights reserved 許可なく無断での転載等を禁じます。
CLOSE
  • 法律専門家らしからぬ温かみを目指して「メール相談は24時間受け付けております。一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。松浦総合法務オフィス」

  • お気軽にご相談ください
  • ご面談のご予約03-6806-1920北千住駅より徒歩2分(松浦総合法務オフィス)
  • 無料メール相談 道標になれればとの願いから
スライドメニュー
PAGE TOPへ