離婚おきがる相談室”ちょっと待って!それDVですよ!

離婚の進め方には戦略が必要です。

DVからの離婚-知識は勇気を生む

  1. DVに潜む本当の怖さとは
  2. LinkIconちょっと待って!それDVですよ!
  3. DV加害者から逃れるための知識
  4. 逃げる前のかしこい準備とは!

さて、これからDVに関してお話したく思います。
連続もので少し長めのコンテンツになりますが、ご自分にDVが関係あるなし関わらず、どうか読んでみてください。もしかしたら、あなた自身DVにあっていながらも「そんなことはない」とお考えなだけかもしれません。もしDVに悩まれている方であれば、離婚するしないに関わらず、知っておいて損はありません。どうか最後までお読みください。松浦からのお願いです。

ちょっと待って!それDVですよ!

前述したように(1.DVに潜む本当の怖さとは!)、DVは加害者、被害者共に認識のないことが多々あるという特徴を持ちます。そして気がつけば、悪循環におちいり、逃げられず、精神的に追い込まれたりもするのです。

ですから、まずはご自身がDV被害者ではないかを疑ってみて、早めに認識をもたれることが大切です。

● DVのいろんな場合

 

DVとは、“殴る、蹴る、大声でどなる、見下す、生活費を渡さない、セックスの強要、子供に暴力を見せる”など、身体への直接的な暴力から、精神的、経済的、性的、また子供を利用するなど様々な暴力のことを言います。
身体的暴力はイメージしやすいでしょうから、それ以外の例をあげてみましょう。

 

精神的暴力例

 

■ 大声でどなったり、命令口調でものを言う(見下した言い方をする)

※「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ、お前は言うことを聞いていればいいんだ」なども当然含まれます。
■ 無視する。話しかけても口をきいてくれない。

■ 大切なものをわざと壊す
■ 人付き合いを制限し、電話、メールなどを細かくチェックする
■ 生活費を渡さない、外で働かせない、経済的に困窮させる
■ 子供に暴力を見せる、子供に危害を加えるなどと脅す

 

性的暴力

 

■ セックスの強要
■ 避妊に協力しない
■ 中絶を強要する

 

これらは一部です。思い当たるふしがあれば早めに配偶者暴力支援センターなど、客観的に判断できる第三者にご相談してください。
認識できれば、対処できる方法はいくらでもあるはずです。認識できないことが危険なのです。

 

● こんなにあるんだ。DV被害

 

以下が内閣府による2005年度のDV被害に関するデータです。
結果からいえば、女性で26.7%、男性で13.7%の方が「身体的暴行を受けた」と答えています。
ですから、DVは身近にあり、あなた自身にも起こっている、起こりうるものだということを理解してください。

 

暴力による被害経験

 

配偶者からの暴力による被害経験

※配偶者から「身体に対する暴行」、「精神的な嫌がらせや恐怖を感じるような脅迫」、 「性的な行為の強要」を受けた経験。
※内閣府「男女間における暴力に関する調査」(平成17年)より作成。

 

そうは言っても、「日常の暴力も怖いけれど、逃げた後のことを考えるともっと怖い」―きっとそんな苦しい悩みもありますよね。まず、少し安心していただきたいので、次のページでは、加害者から逃れるための保護制度などをいくつかご説明します。

 

LinkIcon1DVに潜む本当の怖さとは3DV加害者から逃れるための知識LinkIcon

 

“参考情報:配偶者からの暴力被害者支援情報(内閣府 男女共同参画局)”
全国配偶者暴力支援センター案内 : http://www.gender.go.jp/e-vaw/advice/advice02list.html

 

面談の予約とお伝えください 03-6806-1920初回無料メール相談


行政書士松浦総合法務オフィス 対応時間:AM8時~PM20時 ※早朝・夜間の離婚面談はご予約下さいませ。

所在:東京都足立区千住3-61-1(北千住駅より徒歩2分) TEL(ご予約はお気軽に!):03-6806-1920

home 離婚の知識一覧 定額パックの秘密 夫婦カウンセリングの教本 松浦の正体 無料メール相談

ページTOPへ